東海大学で行われた春季大会4戦目。慶應義塾大学は、50-41で東海大に勝利し、2勝目を飾った。

試合は前半から大きく動く。試合開始早々お互いに得点を決める。先制点は東海大。前半2分だった。しかし、慶大も左サイドに空いていたNO8(ナンバーエイト)山中侃(商4・慶應)にボールが渡りトライ。すぐに追いつく。

その後、お互いに7点ずつ取り合い、一進一退の攻防が続く。しかし、前半25分。「モールで絶対1本取ろう」と試合前から狙っていたモールでトライを奪うと、徐々にタイガー軍団が牙をむき始める。

活発な攻撃を見せた

CTB(センター)栗原由太(環3・桐蔭学園)がタックルを弾いてラインブレイク。自陣10mライン付近から、敵陣10mライン付近までボールを運ぶと、その栗原から右サイドでパスを受けたWTB(ウィング)高木一成(商3・慶應)がフィニッシュ。

続く31分、FB(フルバック)宮本恭右(環2・慶應)が相手に掴まれながらも抜け出すと、インゴール前で東海大のディフェンスに捕まりかけたが、トライを取りきる。連続トライで一気に東海大を突き放した。

前半終了間際に、相手の効果的な飛ばしパスから得点を返されてしまうが、12点差をつけて前半を終えた。 後半に入っても慶大の攻撃は活発だった。後半6分には強力なタックルでボールを奪うと、カウンターで敵陣を攻め、SO古田京(医4・慶應)がトライ。さらにその2分後には古田の絶妙なパントキックで、WTB中島光貴(環2・慶應)のトライをお膳立て。

なおも止まらない慶大の攻撃。栗原のビックゲインを起点に、SH(スクラムハーフ)若林俊介(政2・慶應)、高木と繋ぎトライ。後半始まって11分で3トライを奪い、試合を決定づけたように見えた。

だが、この後に慶大の守りの時間が待っていた。劣勢だったスクラムのペナルティや、途中出場した外国人選手の力によって東海大に流れがいき、試合終了までに4つのトライを奪われてしまう。

一時、最大31点差をつけていたが、終わってみれば9点差での勝利という結果になってしまった。

お知らせ

\J SPORTSオンデマンド限定/
ラグビー第7回 関東大学春季大会
Aグループ全試合を含む注目試合をLIVE配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★大学ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ