春の高校関東王者を決める、男子15人制の関東高等学校ラグビーフットボール大会は66回目を迎える。

今年は6月9日(土)〜10日(日)に栃木・佐野市運動公園陸上競技場と佐野市運動公園多目的球技場で、28校が4チームずつ、A〜Gの7つのブロックに分かれて行われる。J SPORTSオンデマンドでは全28試合をLIVE配信する。

関東王者は実質Aブロックの優勝チームであり、春の選抜大会を制した桐蔭学園の6連覇がかかる大会となった。

8つの都県の代表は、埼玉が4校、群馬が2校、神奈川が4校、栃木が3校、茨城が3校、千葉が3校、山梨が3校、東京が6校で計28チームが出場する。

6連覇を狙う桐蔭学園キャプテンSH小西

2月の関東新人大会も桐蔭学園(神奈川)が流通経済大柏(千葉)を破って優勝し、3位は茗渓学園(茨城)、4位は深谷(埼玉)。残りのベスト8は東京(東京)、日川(山梨)、東海大相模(神奈川)、佐野日大(栃木)の4チームだった。

まずはA〜Gのブロック分けを見てみたい。各チーム、2日間で2試合というスケジュールで、下記の通り、9日の初戦の対戦カードはすでに決まっている。

10日はブロックごとで勝者同士、敗者同士が対戦する。つまり2連勝すればブロック優勝することができる。各試合は25分ハーフで行われる。

◆Aブロック:6月9日(土)午後3:00キックオフ
・佐野日大(栃木1位)vs.桐蔭学園(神奈川1位)
・流通経済大柏(千葉1位)vs.茗渓学園(茨城1位)

地元で優勝を狙う、佐野日大

Aブロックはやはり、主将SH(スクラムハーフ)小西泰聖(キャプテン)を中心にFW(フォワード)でもBK(バックス)でもトライが取れる桐蔭学園が6連覇なるか、それとも止めるチームが現れるかに注目が集まる。

その桐蔭学園と対戦するのが、元日本代表の藤掛三男監督が率いる地元・佐野日大だ。

関東大会の予選となった春の県大会では、花園常連の国院栃木に19-17で勝利し、話題を呼んだ。CTB(センター)木村竜馬主将を中心に、その勢いを今大会にもぶつけたい。

伝統的に展開力に定評がある茗渓学園

もう1試合は、選抜大会でベスト4に入った流通経済大柏と茨城の名門・茗渓学園だ。ともに全国的な強豪で知られており、展開力のあるチームだけに、トライの取り合いが見られそうだ。

流通経済大柏は体格もあり走れるFW、そしてWTB(ウィング)永山大地(3年)に注目してほしい。茗渓学園はWTB植村陽彦(3年)の決定力に期待がかかる。

お知らせ

\J SPORTS初登場/
関東高等学校ラグビー大会
J SPORTSオンデマンド限定で全試合LIVE配信

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
★詳しくはこちら

★高校ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ