「ショウヘイ・オオタニはこれまで成績を出しているとは言え、彼のメジャーにおけるキャリア序盤の、左投手に対する成功は捕らえ所がないままである」。

というのが、ロサンゼルスの地元紙である「オレンジ・カウンティ・レジスター」電子版に掲載された、大谷に関する記事の書き出しである。

記事によると、「今季エンゼルスは大谷を起用できる状況(投手として出場しておらず、登板の前後の日でもなく、足首も怪我していなかった状況)で左投げの先発投手と11回対戦しており、大谷はそのうち5試合で打者としてスタメンに起用された」。

直近では、相手先発投手が左のダフィーだった現地月曜のロイヤルズ戦で大谷はスタメンから外れている。

大谷は今季、右投手からの打率を.329としているのに対し、左投手からの打率は.143(28打数4安打)と低迷しており、OPSも対右投手の1.047に対し、対左投手は.451と、大きく差がついている。

しかし記事には、ソーシア監督は、「評価するにはまだサンプル数が少な過ぎる」と語ったと書かれており、さらにこの件について次のコメントを残したと書かれている。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ