フジファブリックの楽曲起用は2009 World Baseball Classic(以下、WBC)とJ SPORTS STADIUM2010テーマソング『Sugar!!』以来。サビの<全力で走れ 全力で走れ>を聴くと、WBCでのイチロー選手の決勝タイムリーや千葉ロッテマリーンズの劇的な日本一など名場面を思い出す野球ファンも多いだろう。今回の『電光石火』は J SPORTS STADIUM2018プロ野球中継テーマソングとして書き下ろされた楽曲。試合のイニング間で疾走感あふれるメロディに合わせて流れる<電光石火 突っ走れ 電光石火 超えて行け>のキャッチーなサビは、思わず口ずさんでしまう方も多いのではないだろうか。また、歌詞の中には<立ちはだかった壁ぶち破れ>や<逆境だって胸を張れ>など選手へのエールも込められており、今シーズンのプロ野球も“感動的な何かが待っている”そんな予感がする一曲だ。

先日の全国ツアー(LIVE TOUR 2018 帰ってきた!!三日月ADVENTURE)でも披露され、更に4/14に限定シングルとして配信&Music Video公開と、フジファブリックファンにもお馴染みとなった『電光石火』。

「電光石火」に込められた想い、そしてフジファブリックの魅力に迫るべく、メンバーの山内総一郎(Vo/Gt.)、金澤ダイスケ(Key)、加藤慎一(Ba)に話を聞いた。

PART機А崚展石火」
〜努力を積み重ねてきた選手たちへの力になれるような一曲に〜

―― まず初めに、タイアップのオファーがきた時の心境からお伺いできればと思います
山内「一つのプロ野球中継っていう番組内で2回オファーいただけるってことが今まで なかったので、単純に驚いたのと、頑張らなきゃいけないなと感じました」

―― 嬉しさより驚きの方が強かったと・・・
山内「驚きですね。(2009)WBCの映像とそこに使われている自分たちの曲が目や耳に焼き付 ていて忘れられない分、プレッシャーも感じましたし、もちろん嬉しさもありましたね」
金澤「野球好きの友達から、いまだに言われることが多いので、(タイアップの)話をいただいたときは、フジファブリックがもう一度やるということで、何か今年のプロ野球が盛り上がってくれたらいいなと」
加藤「同じく驚きのほうが大きかったですが、2回も担当できるのは嬉しく思いました」

お知らせ

\J SPORTSオンデマンド/

第67回全日本大学野球選手権 J SPORTSオンデマンドでは全26試合LIVE配信!

●野球パック:1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ