ラリー・イタリア

第6戦ポルトガルは今シーズン初めてのヨーロッパ内でのグラベル戦で各チーム万全の体制で乗り込んで来た訳ですが結果は大波乱。4つのファクトリーチームの上位選手があっという間に脱落。オジェ、タナク、ミケルセン、ミーク、ラトバラ、パッドンがノーポイントに終わりました。その代わり第2、第3ドライバーが激戦を展開しラリーそのものは最後まで気を抜けない緊張した展開を見せ、1位から5位まで60秒以内の面白い展開でした。

エヴァンス、ラッピ、スンニネンの活躍が目立ちました。次の時代の若手が育っていく姿を予感させます。ヌーヴィルだけが上手にすり抜け優勝の結果ヒュンダイはドライバー・チーム共に累計でポイントリーダーに初めてなりました。

サルデニアラリーはポルトガルと共に悪路ラリーですが硬い路面の表面の浮き砂利はスタート順の早い選手には大幅なハンデとなり、2回目走行では瓦礫が露出しサスやタイヤを痛めます。道幅は比較的狭く両端は立木があるので正確なドライブが要求されます。土曜日のSSではミッキーズ・ジャンプと呼ばれる周期の短い連続ジャンプがありこのラリーの特徴になっています。この時期の地中海は気温も高くドライバーや車の冷却に負担がかかります。アクロポリス・ラリーが無い今のWRCシリーズの中ではサルデニアは耐久的な走行が必要なラリーです。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ