メンバーも多く入れ替わりながらも、何とか持ち込めたドローだったか。大東文化大学は、5月27日(日)に行われた第7回関東大学春季大会Aグループの3戦目で流通経済大学と対戦し、31-31の引き分けに終わった。

開幕からHO(フッカー)平田快笙主将(環境4=大東大一)やNO8(ナンバーエイト)佐々木剛(社経3=八戸西)が欠場。

また、今回のメンバーにはNO8アマト・ファカタヴァ(外英4=ティマルボーイズ高)、SO(スタンドオフ)大矢雄太(環境4=中部大春日丘)に加え、前回の帝京大学戦で負傷交替したSH(スクラムハーフ)南昂伸(社経2=御所実業)といった主力が外れていた。

流通経済ボールのキックオフで始まった試合は、大東文化が先制トライを挙げる。前半5分、大東文化陣内で流通経済のパスミスを拾ったWTB(ウィング)朝倉健裕(スポ科1=御所実業)が、快足を見せトライゾーンまで走り切った。

しかし、直後に流通経済が1トライを返すと、15分には流通経済CTB(センター)タナカ・ブランドン・ムゼケニエジ(3年=ヘレタウンガカレッジ)のラインブレイクから再びトライを奪われる。その後、大東文化が2トライを追加し前半終了。

後半も開始早々に朝倉が自身2トライ目を上げ、24-10とリードを広げた大東文化だが、10分、14分、30分と流通経済が反撃のトライを加え、24-31と逆転を許してしまう。

最後、朝倉のトライにつながるスクラム

何としても追いつきたい大東文化と、このまま勝ち切りたい流通経済。双方の思いがぶつかり合い、35分を過ぎてからは流通経済陣内で激しい攻防が続く。大東文化はひたすら近場を攻めトライへと迫るが、流通経済も必死のディフェンスで押し返す。

そして最後、ロスタイムに突入し、7分が経過したところで大東文化が執念のトライを決めた。トライまで残り5mのところでラックからボールがこぼれると、拾ったSOアピサイ拓海(環境4=大東大一)が、CTBシオペ・ロロ・タヴォ(外英2=ウェズリーカレッジ)へとつなぐ。

相手3人にタックルされながらもシオペが放ったボールは大外に控える朝倉へと渡ると、一瞬の加速で相手を振り切り、ハットトリックとなるトライを決めた。

お知らせ

\J SPORTSオンデマンド限定/
ラグビー第7回 関東大学春季大会
Aグループ全試合を含む注目試合をLIVE配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★大学ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ