全勝を成し遂げ、単独優勝の栄冠を手にする。関東大学春季大会をここまで4連勝の明治大学。残すは最終戦、大東文化大学との一戦のみとなった。

過去6度の春季大会では、帝京大学が全て優勝している。現在、勝ち点でもトップをひた走る明治。王者の牙城を崩せるか。より一層の期待がかかる。

宮城県石巻市で行われた前節、慶應義塾大学との「明慶戦」。接点を制圧し、勝負を決定づけた。前半の立ち上がりは我慢の時間が続いた。ゴール前でディフェンスラインのギャップを突かれ、先制トライを許してしまう。

しかし、そこで相手にリズムを作らせなかった。「グラウンドを立体的に使ったアタック」(SH/スクラムハーフ 福田健太主将・法4=茗溪学園)を意識することで、相手ディフェンスに徐々に対応。次第に前へと出られるようになった。

今季からスタメン出場が続いている繁松

前半23分、敵陣22mライン付近でCTB(センター)齊藤大朗からオフロードパスを受けたFL(フランカー)繁松哲大(政経2=札幌山の手)が一気にゲイン。そのままインゴールに飛び込んだ。その後、2トライを追加し、前半を21-7で折り返す。後半も攻撃の手を緩めない。

20分にはゴール前でのピックアンドゴーでPR(プロップ)祝原涼介がトライ。明治得意のFW(フォワード)戦で粘り強くトライをもぎ取った。

最終的に45-12となり快勝。「チームとして我慢ができるようになった」(田中澄憲監督)。見事に勝ち切り、次戦に向けはずみをつけた試合となった。

お知らせ

\J SPORTSオンデマンド限定/
ラグビー第7回 関東大学春季大会
Aグループ全試合を含む注目試合をLIVE配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★大学ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ