ヨーロッパ・チャンピオンズリーグ決勝で、スペインのレアル・マドリードが3連覇を達成した。チャンピンズカップ時代を含めても、「3連覇」というのはきわめて珍しい。1960年代末からアヤックス(オランダ)とバイエルン・ミュンヘン(西ドイツ=当時)が連続して3連覇を達成して以来の出来事だ。レアル自身はチャンピンズカップ最初期の5連覇という記録を持っているが、当時のチャンピオンズカップは必ずしもヨーロッパのすべての国が参加する大会ではなかったわけで、21世紀のこの時代に3連覇を達成したというのは、まさに信じがたい快挙である。

 

決勝戦自体は、けっして「完勝」というわけではなかった。 前半の立ち上がりはリヴァプールの前からのプレッシャーに押し込まれ、ロングボールを蹴らざるを得ない時間も長く、一進一退。後半は3対1とたしかに上回ったし、ギャレス・ベイルのオーバーヘッド・シュートは歴史に残るビューティフル・ゴールだったが、先制ゴールはGKのロリス・カリウスの不用意なスローイングにカリム・ベンゼマが足を出したという、にわかには信じがたいようなゴールだったし、ダメ押しのギャレス・ベイルのロングシュートも、無回転のボールに対してカリウスが処理を誤ったもの。さらに、カゼミーロがペナルティーエリア内で犯したハンドが見逃された場面もあり、リヴァプールにとっては不運な敗戦だった。

試合後にユルゲン・クロップ監督が語ったと伝えられている言葉のとおり、「サッカーとはそんなもの」なのだろう。 ただ、どうしても残念なのは前半の早い時間にリヴァプールのモハメド・サラーが負傷で交代を余儀なくされたことだ。 今シーズンのリヴァプールの大躍進は、もちろんクロップ監督のプレッシング・サッカーが浸透してきたことや、ジョーダン・ヘンダーソンをはじめとする後方の選手たちのサポートもあるが、やはりサラーの活躍によるところが大きい。まさか、サラーがバロンドールの有力候補となろうとは、シーズン開幕前に誰が予想できたことだろう。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ