2005年5月25日、リヴァプールはPK戦の末にACミランを破り、チャンピンズリーグ(以下CL)を制した。前半で0−3のビハインドに陥りながら、不屈の闘争心でヨーロッパの頂点に立った彼らの奮闘は、〈イスタンブールの奇跡〉としてフットボールの歴史に長く、いや、永遠に語り継がれていくに違いない。そして……。

あれから13年、リヴァプールにふたたびチャンスが訪れた。CL決勝の相手はレアル・マドリーである。

ピッチ内外の収入では〈白い巨人〉が上だ。近年の実績でも勝負にならない。15−16シーズンからCL連覇中のマドリーに対し、リヴァプールはミランにリベンジを許した06−07シーズン以来、11年ぶりの決勝進出だ。プレミアリーグでも優勝争いの常連ではなく、イングランド国内で勝ち取ったタイトルは、05−06シーズンのFAカップと11−12シーズンのリーグカップだけ。モハメド・サラー、ロベルト・フルミーノ、サディオ・マネ、フィルジル・ファンダイクといった主力も、修羅場らしい修羅場は経験していない。クリスチャーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマ、セルヒオ・ラモス、マルセロなど、大舞台の経験値で上まわるマドリーは、キエフの決戦でも平常心で闘えるだろう。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ