5月23日(水)、東京都内で日本ラグビー協会が、6月に行われる「リポビタンDチャレンジカップ 2018」(イタリア代表戦2試合・ジョージア代表戦)へ向けた日本代表メンバー33名を発表した。

ラグビー男子15人制日本代表の薫田真広・強化委員長はまず、今回の33名の選考の基準として「昨年の日本代表のパフォーマンス、(今年の)サンウルブズ、ジュニア・ジャパン、NDSキャンプ、JAPAN Aのニュージーランドツアー加味したもの」と説明した。

また、日本代表のジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)は「33名を選ぶ時、違うポジションをプレーできる選手を選んだ」と、昨秋に続いて、複数ポジションができる選手を中心に選考したことを明かした。

今回の33名中、レベルズのNO8(ナンバーエイト)アマナキ・レレィ・マフィ、LO(ロック)アニセ サムエラ、SO(スタンドオフ)松田力也の3名以外の30名は、現在、サンウルブズのスコッドに選ばれている選手で、サンウルブズとの連携が色濃く出たメンバー構成となった。

キャプテンは昨年に引き続き、リーチ マイケルが務める。さらに33名全員が2019年ラグビーワールドカップへ向けた、ラグビー日本代表第1次トレーニングスコッド40人に選ばれている選手で、大きなサプライズはなかった。今回のメンバーの中でノンキャップはFL西川征克のみとなった。

コーチ陣もほぼサンウルブズと同じメンバーとなったが、昨秋に続いてディフェンスコーチに現在、ハリケーンズ(ニュージーランド)でコーチを務めているジョン・プラムツリーが呼ばれた。

◆日本代表「リポビタンDチャレンジカップ2018」メンバー

【FW】18名

・PR(プロップ):浅原拓真(東芝)、石原慎太郎(サントリー)、稲垣啓太(パナソニック)、具智元(Honda)、須藤元樹(サントリー)

・HO(フッカー):坂手淳史(パナソニック)、庭井祐輔(キヤノン)、堀江翔太(パナソニック)

・LO(ロック):アニセ サムエラ(キヤノン)、ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ)、ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機)、真壁伸弥(サントリー)

・FL(フランカー)/NO8(ナンバーエイト):徳永祥尭(東芝)、西川征克(サントリー)、アマナキ・レレィ・マフィ(NTTコミュニケーションズ)、リーチ マイケル(東芝)※キャプテン、布巻峻介(パナソニック)姫野和樹(トヨタ自動車)

【BK】15名

・SH(スクラムハーフ):内田啓介(パナソニック)、田中史朗(パナソニック)、流大(サントリー)

・SO(スタンドオフ):田村優(キヤノン)、松田力也(パナソニック)

・CTB(センター):立川理道(クボタ)、ウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラ)、中村亮土(サントリー)、ラファエレ ティモシー(コカ・コーラ)

・WTB(ウィング):シオネ・テアウパ(クボタ)、福岡堅樹(パナソニック)、山田章仁(パナソニック)。レメキ ロマノ ラヴァ(Honda)

・FB(フルバック):野口竜司(パナソニック)、松島幸太朗(サントリー)

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
スーパーラグビー2018全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★スーパーラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ