アメリカンフットボールimage

日本大学アメリカンフットボール部の指導者の仕掛けた「青春の損壊」がむごい。もちろん、ひとつはスポーツの範疇に収まらぬ悪質なタックルを背中に浴びた関西学院大学の罪なき選手の傷だ。もうひとつ、当該の日本大学部員から剥奪された「自分らしく生きる」権利も。

本稿執筆時点では、事実の確定はなされていない。しかし、非道のタックルをした選手の実名を明かし、姿をさらしての記者会見の内容を疑うのは難しい。ああいうことなのだ。学内の権力者でもある監督、メッセンジャーとしてのコーチ、そして本人、そこに本当のコミュニケーションは存在しない。ほのめかしを装う命令。忖度。服従。意思疎通の欠けた人間集団では弱い立場の者たちが弛緩するか萎縮する。今回は後者だった。その先に「思考不能」は生じた。

スポーツの勝負では「決まったことを迷わずやり抜く」と強い。チームづくりの過程で、貫いたからこそわかる間違いを実感できて、結果、応用や修正がむしろ滑らかに運ぶ。

ただし、それは監督やコーチの知性と努力と人格が前提だ。熟慮を重ね、国内外の情報を集め、そのうえで、あえて戦法や強化法をかっちりと定め、チームと個人を観察、いま遂行している方針が正しいのかを常に検証する。全部員ひとりずつとの意思疎通は不可欠だ。指導者はいつでもリッスンしなくてはならない。耳を傾け、また傾け、最後に監督が決める。いざ決めたら簡単に妥協はしない。

コミュニケーションを認めぬ独裁的指導は、普通、栄光に届かない。格上に大敗、同格にも敗れるだろう。ただし戦力が潤沢なら、ピリピリと緊張するだけでも、ぼんやりと緩んでいるよりは結果につながる。うまくて大きくて速い選手がたくさんいて、歪んではいても、強権によって、少なくとも体力と緊張感は保たれる。素質と経験の優位が実相をカムフラージュしているとも解釈できる。他方、選手層の薄いチームに意思疎通なしの強権がはびこると、もっと弱くなる。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
スーパーラグビー2018全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★スーパーラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ