「岡崎(慎司=レスター)はプレミアリーグの非常にタイトで厳しい環境の中で、あれだけ体を動かせて、チームに対する貢献があり、しかもストライカーとしての役割を果たせる。総合的に代えがたいと評価しています。ただ、運動量が高いだけではなく、つねに2つ3つ先のプレーに対する貢献度、献身度は絶対にチームに欠かせないと思っています。この1カ月の猶予があればいい状態に持っていけるという予想がある。そうした想像力を働かせた上で、彼を選出しました」

18日に行われた30日のガーナ戦(日産)に向けた日本代表候補発表会見で、4月に緊急登板した西野朗新監督がこう強調した通り、32歳のベテランFW岡崎への期待値の高さは頭抜けたものがあるようだ。

ご存じの通り、岡崎は国際Aマッチ111試合出場50ゴールという驚異的な数字を誇る生粋の点取屋だ。が、ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督からは徐々に冷遇されるようになり、昨年9月の最終予選・サウジアラビア戦(ジェッダ)を最後に9カ月間も代表から遠ざかっていた。タテに速い攻めを志向した前指揮官は相手を背にしてボールを収めながら時間を作れる大迫勇也(ケルン)を特に好んでいた。岡崎より杉本健勇(C大阪)や小林悠(川崎)を重用したところを見ても、その傾向は顕著だった。

しかし、西野監督は1トップのみならず、2トップも視野に入れていると言われる。確かに大迫・岡崎、あるいは武藤嘉紀(マインツ)・岡崎といったコンビなら前線に厚みを出せる可能性がある。「2トップの方がよりコンビネーションを使える。世界トップクラスのDFだと強さもあるので、そこでFWが2人いることによって、マークが1人に集中しないという長所もある」と武藤もマインツの先輩に当たるベテランFWとの共演を熱望している様子だった。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ