5月7日、アスレチックスのスティーブン・ピスコッティー外野手が立ち上げた難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)の研究基金に、カブスのダルビッシュ有投手が1万ドルを寄付したというニュースが流れた。

本人が何も話していないのにそれがニュースになったのは、基金のホームページに「Yu Darvish」と書かれていたからだった。日米のネット・メディアは同選手が「We are all family」とツイートしたことで「確認が取れた」としたようだが、各メディアにニュースを発信する立場の通信社は、本人確認が取れるまではニュースにしなかった。タイミングが悪かったのは、そのニュースがネット上で流れた時点で、ダルビッシュが体調を崩していたことだった。ほかの選手に「インフルエンザに似た症状」が伝染しないように気を使っていたこともあり、球場に来てもメディアのいない時間帯であったりして、本人確認が取れないまま、本人が10日間の故障者リスト(DL)入りしてしまった。

確認が取れたのは、彼が故障者リストから復帰する直前の12日のことだった。その日が登板前のメディア対応日になっていたので、そこで初めてメディアと本人の間で「ピスコッティー基金」の話が出る。

念のために書いておくと、ピスコッティーは昨オフ、ALSを患う母親の看病を理由に、当時所属していたカージナルスに母の住むカリフォルニア州のチームへのトレードを申し出ていた。主力の若手選手を手放すのは簡単なことではないが、チームは本人の意向を汲んで何とかアスレチックスへのトレードを成立させた。ところが5月6日になって病状が悪化。ピスコッティーの母グレッチェンさんは55歳の若さで他界した。息子はそこで不治の病とされる難病の治療法を研究するため、youcaring.comというサイトを立ち上げて募金活動を始めた。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ