エンリコ・バッタリン

エンリコ・バッタリン

シチリア島の3日間はスリリングだった。序盤2日間は魅惑的な起伏に彩られ、まさしくパンチャーやクラシックハンター向き。第4ステージをティム・ウェレンスが、第5ステージをエンリコ・バッタリンが、坂道スプリントで勝ち取った。

このアップダウンコースはまた、総合候補や有力チームの現時点での調子さえも、浮き彫りにした。開幕タイムトライアルの試走中に落車した2人、クリス・フルームとミゲルアンヘル・ロペスは、4日目の最終坂で分断にはまった。翌日ロペスは再び落車。集団復帰できぬまま大きくタイムを失ってしまう。一方でミッチェルトン・スコットは、凄まじいチーム力を垣間見せた。2日間ともに最終盤を積極的に攻め立てると、トリッキーな道で集団を翻弄した。たしかに大きな成果には結びつかなかった。第4ステージでサイモン・イェーツが区間4位に入り、小さな分断を利用して総合ライバルたちから軒並み4秒以上をせしめたに過ぎない。しかし、これはまさしく、兆候だった。

お知らせ

アメリカ最大の自転車レース
ツアー・オブ・カリフォルニア

2018年5月14日(月)午前6:00〜 生中継
詳しくはこちら>>

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ