昨シーズンオフ、ドラゴンズの3人の若手投手に期待が寄せられていた。誰もがこの3人にチームの未来を見ていた。1人足らない…。

鈴木翔太は今、苦しんでいる。柳裕也、小笠原慎之介は開幕からローテを掴み、現時点でその椅子を掴み続けている。昨年5勝をマークした鈴木翔太も当然その椅子に座ってくれるだろう。そう期待していた。

鈴木翔太は「キャンプ後半から感じていた。思った以上にストレートが走ってこない…。オープン戦前から焦りはありました。今も自分の真っ直ぐではない」と話す。

4月28日、ナゴヤ球場ウエスタンリーグ、ソフトバンク戦。先発マウンドに立ったのは鈴木翔太だった。1軍はこの日からゴールデンウィークの9連戦。先発の数が1人足らない状況。

実はこの日の登板は、1軍9連戦の9戦目、5月6日の甲子園球場、阪神戦の切符がかかっていた。結果は3回0/3 8安打6失点 課題の四死球が4個、1軍切符は支配下登録されたばかりのライデル・マルティネスに渡った。

鈴木翔太は「四球が指摘されてしまうんですが、ストレートなんです。球速ではなくキレが出てこない。特に低めのゾーンのストレートが全然走ってくれなくて…」。

「ファールがとれないんです。だから空振りも取れない。カウントが整わず追い込めない。苦しいカウントになり、四球を与えてしまう。悪循環ですね」。

なぜストレートのキレが出ないのか、原因の一つは今年試みたマイナーチェンジにあるという。

鈴木翔太は左足をインステップ気味に踏み出す。左足の内転筋に壁を作るイメージで上半身に力を伝える。去年はこれが成功していた。しかし欠点もある。踏み出した所からラインが内よりになる分、どうしても制球に無理が生じる。

お知らせ

\J SPORTSオンデマンド/

中日ドラゴンズ戦は主催試合を60試合以上LIVE配信します
中日ドラゴンズ主催試合をご覧いただくには中日ドラゴンズ戦シーズンパックがお得です。

●中日ドラゴンズ戦シーズンパック:8,000円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で4,000円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ