サウサンプトン vs. マンチェスター・シティ

ミッドウイークに行われた残留争い直接対決、スウォンジー戦に勝利したサウサンプトン。 降格圏の17位スウォンジーとは3ポイント差だが両チームの得失点差は「9」。 まだ残留が決まっていないとは言え、ある程度気持ちに余裕を持ってシティ戦に臨めるだろう。 一方、優勝の決まっているシティにとって、この試合勝利するとプレミアリーグ初となる勝ち点「100」達成となる! 04/05シーズンにチェルシーが記録した1シーズンの最多勝ち点数「95」はすでに更新しているが、果たして大台に乗せることが出来るか!?

リヴァプール vs. ブライトン

トップ3フィニッシュを狙うリヴァプール対昇格組ながら残留を確定させたブライトン。 上の3位トッテナムとは2ポイント差で下の5位チェルシーとも2ポイント差の4位リヴァプール。 この試合に勝利し、3位トッテナムが引き分け以下ならばトップ3フィニッシュとなるが、逆にこの試合に負け、5位チェルシーが勝つと5位転落となる。 勝ってトップ3フィニッシュを決めるとともに、26日に行われるレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ決勝に弾みをつけたい。 現在、31ゴールでトップスコアラーのサラーが、3ゴール差に迫ってきたケインから逃げ切れるかにも注目。 相手は、すでに残留が確定している14位ブライトン。 勝てば一気に10位まで浮上できる可能性があるがそれがモチベーションとなるか? アンフィールドでの今シーズン最終戦。ファンの声援がレッズを後押ししてくれるだろう。

ハダースフィールド vs. アーセナル

ハダースフィールドはマンチェスター・シティ、チェルシーというビッグクラブを相手に2連続引き分け(しかもアウェー!)で最終節を待たずに残留が決定。 気迫のこもったプレーで2ポイントをもぎ取った選手達とヴァグナー監督の凱旋となるこの試合、ジョンスミス・スタジアムは大歓声で迎え入れるだろう。 そして、この試合でアーセナルのヴェンゲル監督が終に見納め。 今のハダースフィールド・サポーターなら、ねぎらいの拍手を送る余裕があるはず。 何も懸かっていない両チームのゆる〜い試合で、長く激しい17/18プレミアリーグの最後をほっこりと締めましょう。

J SPORTSではイングランドプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送!
詳細はこちらから⇒https://www.jsports.co.jp/football/premier/

photo

J SPORTS 編集部

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ