5月4日(金曜日)、セントルイスでのカブス戦取材。カラッと晴れたシカゴから湿気のあるセントルイスに移動して、思わず『あっつ(暑い)』と独り言ちる。

ダルビッシュ有投手の取材現場で―何となく―決まっている登板前のメディア対応日は、登板の2日前である。今回は8日(火曜日)のマーリンズ戦に登板予定だったため、6日(日曜日)がその日だ。つまり、4日は対応のない日なのだが、イチローが今季は試合に出場せず、会長付き特別補佐としてチームに残ることを表明したのがカブスのオフ日だったため、ダルビッシュの反応が取れなかった。だから、本来は対応のない日でも「ダメもと」でお願いする。

実はこういう時、快く対応してくれるのがダルビッシュだ。それは彼がイチローに限らず、球界の先輩に対して敬意を払っているからだと思うが、それを素直な言葉に乗せてくれるので、取材者としては非常に有り難い。

「もちろんビックリはしましたけど、まだ引退ではないということなので。…昨日メールしまして、その時も僕が『イチローさんなら絶対トレーニングされているんでしょうね』みたいなこと言ったら、『トレーニングしてたよ』ってなことを言ってらっしゃいました」

イチロー自身がそうであるように、彼の中にも「引退」という言葉はないようだった。

「僕が小さい頃からのスーパースターですから、それは他の選手と違う。対戦するのも、お会いするだけでもいつも楽しみにしていた。来年以降もまた、そういう機会が来ると思うので、その時まで自分もしっかり(野球)上手になれるように頑張っていきたい」

その夜の試合では元巨人でカージナルスのマイルズ・マイコラスが好投。7回7安打無失点とカブス打線を抑え込み、開幕からの無傷の連勝記録を4に伸ばし、思わず『マジかいや?』と独り言ちる。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ