今季イングランド・プレミアリーグも5月13日の最終節を残すのみ。マンチェスター・シティの優勝などすでにリーグの大勢は決し、シーズンオフの移籍話が話題に上るようになってきた。

そんな中、古巣・エバートンに昨夏、14年ぶりに復帰したウェイン・ルーニーがわずか1年で新天地へ赴くのではないかという噂が急浮上している。アメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)のDCユナイテッドや中東、中国のクラブからオファーが届いているという現地報道もあるようだ。 もしもアメリカ行きとなれば、この3月にロサンゼルス・ギャラクシーへ移籍したズラタン・イブラヒモビッチに続く大物移籍となる。果たして、イングランドの怪物はどんな道を選ぶのか。そこは多くのサッカーファンの関心事と言っていい。

エバートンのアカデミーで育ったルーニーは、まだ16歳だった2002年夏にプレミアリーグデビューを飾り、02−03・03−04の2シーズンをプレーした。その後、マンチェスター・ユナイテッドにステップアップし、13シーズンを過ごした。マンチェスターU時代には、プレミアリーグ制覇5回、2008年UEFAチャンピオンズリーグ(UCL)優勝など、数々の栄光を手にし、イングランドサッカー界の看板FWとして長く君臨してきた。

かつてUCLでルーニーと戦った内田篤人(鹿島。当時シャルケ)は「ルーニーなんかは『ボールが回らないな』と思い始めたら、引いてきてサイドチェンジしてまたボールをもらって動いたりするし、点も取るし、そこの駆け引きがすごい。そういう変態なやつがいるから、マンチェスターUとかビッグクラブは強いんですよね」と神妙な面持ちで語っていたが、彼の独特な感性がアレックス・ファーガソン監督率いる赤い悪魔を力強く支えていたのは、紛れもない事実だ。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ