2シーズン目のB.LEAGUEも最終節となったが、東地区上位の最終順位、全体2位の争いは最終節までもつれている。そして、今節の対戦カード、千葉ジェッツふなばしと琉球ゴールデンキングスが各チームのCSでの組み合わせに大きな影響を与えるカードだ。

ここまで44勝、東地区優勝のマジックを「1」としている千葉。琉球戦で1勝をすれば地区優勝と共に全体2位も確定。逆に、琉球が2連勝した場合はアルバルク東京と京都ハンナリーズの結果次第で地区2位となる事も考えられる混沌とした状況だ。

前節、千葉は川崎ブレイブサンダースに、琉球は大阪エヴェッサに共に敗戦。課題を修正して挑む今節、戦いはCSに向けて結果も内容も求められる。

一気に畳みかける爆発力のあるオフェンス力が光る両チームだが、両チームに共通する志向性は堅守。両チームの外国籍選手や、日本人選手の陣容もチームのフィロソフィーを体現する選手が揃っている、何よりも両HCの選手起用からも明確なメッセージが伺える。今シーズン、多くの勝ち星を重ねているのはディフェンス力に他ならない。

脚力に長けたインサイド選手が揃う両チームがゆえに、千葉#2富樫勇樹、怪我から復帰した#11西村文男、琉球#14岸本隆一、#8二ノ宮康平らのピック&ロールを巡る攻防は、ボールマンへの圧力も、残る3選手のシュートチャンスに繋がるパスコースを巡るディフェンスの展開も激しくなるはず。瞬間、瞬間に移り変わるチャンスの糸口を潰すヘルプディフェンスの動きは注目点の1つ。

お知らせ

バスケ見るならJ SPORTS
J SPORTSでは学生からプロまで国内外の大会を充実のラインアップでお届けします!

J SPORTSバスケットボールパック発売中!
詳しくはこちら>>

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ