関東大学ラグビーは春季大会が始まっている中、5月6日(日)、東京・秩父宮ラグビー場ではアジアツアー中の「ラグビー王国」ニュージーランドの大学のクラブに所属する選手で構成されるNZU(ニュージーランド学生代表)が関東学生代表と対戦する。

サム・ホワイトロックやコンラッド・スミスなど、オールブラックスも輩出しているNZUは、古くから日本ラグビーと関わりがあり、今回は1936年の初の来日から15回目のツアーとなった。

今回の遠征は4月28日の九州選抜戦にはじまり、5月3日の関西学生代表戦、そして今回の関東学生代表との一戦。さらに5月9日にはシンガポールでシンガポール代表戦と約2週間で4試合というタフな日程である。

強行日程ということもあって、NZUは「スーパーラグビー」やニュージーランドの国内リーグである「マイター10カップ」、そしてU20ニュージーランド代表経験者などを含む、強いスコッドで来日している。

CTB(センター)ハミッシュ・ノースコットは、ブルーズでスーパーラグビーに出場した経験があり、カンタベリーでプレーしていたSO(スタンドオフ)ブレット・キャメロンは今年、クルセイダーズでデビュー。CTBジョシュ・ティムはハイランダーズのトレーニングスコッドの一員である。

他にもPR(プロップ)ポウリ・ラケテストーンズ、HO(フッカー)ニック・グローガンLO(ロック)ハミッシュ・ダルゼル、アウトバックスのケレブ・マッケーネなどは、U20ニュージーランド代表歴のある選手だ。

その結果、トップリーグのコカ・コーラを筆頭に、九州電力、マツダ、中国電力の選手で構成された遠征初戦の九州選抜(Q-LANDERS)、には後半20分まで27-31でリードされたが、残り20分で5トライを挙げて、58-31で逆転勝利。

さらに2試合目の関西学生代表戦は初戦とは違い、序盤から得意のオフロードパスなどのつなぎを見せた。

WTB(ウイング)マイレ・コロトらが6トライを重ねて、前半だけで40-7で勝負を決めると、後半は関西学生代表のスクラムに苦しみながらも、47-33で勝利している。

お知らせ

\J SPORTSオンデマンド限定/
ラグビー第7回 関東大学春季大会
Aグループ全試合を含む注目試合をLIVE配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★大学ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ