今季イングランド・プレミアリーグも残りわずか。すでにマンチェスター・シティが優勝を決めており、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、トッテナムのUEFAチャンピオンズリーグ(UCL)出場権獲得とチェルシーのUEFAヨーロッパリーグ(UEL)出場権獲得もほぼ決まりだろう。

下位の方も、最下位・ウエストブロミッチのチャンピオンシップ降格は決定的で、19位のストークと18位のサウサンプトンはわずかに生き残りの可能性を残している。終盤戦はむしろこの残留争いの方にフォーカスした方が興味深いかもしれない。 それと同時に注目されるのが、得点王争いの行方だ。目下、トップに立っているのは、今季プレミアとUCLの両方で大ブレイクし、FIFAバロンドール候補にも名前が挙がるようになったモハメド・サラー(リバプール)。34試合出場31ゴールというのは驚異的数字としか言いようがない。

そのサラーを4点差で追走するのが、過去2シーズン連続得点王を獲得しているハリー・ケイン(トッテナム)だ。彼らの下はセルヒオ・アグエロ(マンチェスターC)が21点、ラヒム・スターリング(マンチェスターC)が18点と数字的にかなり離れているので、タイトルは上位2人に絞られたと言っていい。果たしてサラーが今季の勢いそのままに頂点に立つのか、ケインがタイトルホルダーの意地を見せるのか。そこは最後まで目が離せないところだ。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ