春季大会初戦を戦った慶大

厳しい試合だった。28日(土)に行われた慶應義塾大学の春季大会初戦は、12-63と大東文化大学に大きく水を開けられた。昨年度の大学選手権で負けている相手にリベンジしたいところだったが、むしろ力の差を見せつけられる一戦だった。

前半、序盤のスクラムで相手の圧力に耐えきれずにペナルティを取られると、早速モスグリーン軍団が牙をむく。

前半4分、大東文化大ボールのラインアウトからモールで攻め込まれると、そこから相手FB(フルバック)が抜け出す。慶大の必死のディフェンスも届かず、最初のトライを許してしまう。

セットプレーでのミスも相次ぎ、流れに乗り切れないまま迎えた13分。自陣深くから攻め上がろうとした慶大だが、ここでパスミスが出てしまう。

ボールを奪われて一気に相手優位の状況に立たされると、最後はショートパントを使った左への展開に対応しきれず、2つ目のトライを献上。0-12とリードを広げられてしまった。

17分、慶大に初得点が生まれる。マイボールスクラムからSH(スクラムハーフ)江嵜真悟(商3・小倉)、SO(スタンドオフ)南翔大(総4・常翔学園)とつなぐと、そこからCTB(センター)栗原由太(環3・桐蔭学園)が一気に前へ飛び出してゲインを切る。

その後も素早くパスをつなぎ相手のディフェンスを巧みにかわすと、最後はWTB(ウィング)安西浩昭(政3・慶應)がトライ。待望の初得点に会場が盛りあがる。FB(フルバック)高木一成(商3・慶應)はきっちりとコンバージョンキックを決めて7-12とした。

だが27分、相手インゴール前でターンオーバーを許すと、手薄になっていた左へと展開され、ボールは相手WTBへ。慶大のディフェンスを次々に弾き飛ばし、自陣深くから敵陣まで一人で運び切るビッグトライを決められる。

なおも攻撃の手を緩めない大東文化大に、慶大は32分、34分と立て続けにトライを許し、7-29とされた。

お知らせ

\J SPORTSオンデマンド限定/
ラグビー第7回 関東大学春季大会
Aグループ全試合を含む注目試合をLIVE配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★大学ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ