※写真と本文は関係ありません

※写真と本文は関係ありません

― 20年ぶりのオリンピックはどうでしたか?

田村 記憶も薄れていますし、開催地も立場も20年前とは違ったので新鮮でした。こんな風だったのかなという感じでした。 1992年伊藤みどりさん、2006年荒川静香さん、2010年浅田真央さん、盒饗臺紊気鵝2014年羽生結弦選手、すべてテレビ観戦でした。今回の羽生結弦選手、宇野昌磨選手の滑りも移動中のため空港のテレビで観戦していました。20年前は他の競技を観戦できなかったので、よく考えたら日本のアスリートがオリンピックでメダルを獲得するところを会場で観た事がありませんでした。今回、フィギュアの試合の合間に、スピードスケートの女子500mのレースを観戦する事ができて、応援で喉が痛くなりました(笑)。全ての競技を通じて小平奈緒選手が僕にとってのオリンピック初メダル、それも金メダル、本当にうれしかったです。小平選手のレース後の対応も含めファンの皆さんと同様の喜びを体験することができました。

― それでは男子に話を移します。17−18シーズンを終えて、改めて男子はどのようなシーズンでしたか?

田村 羽生選手がオリンピック連覇を成し遂げましたが、フィギュアスケートの歴史を見ても、66年ぶりのことと聞いて、それを達成したのが日本のスケーターということが、同じ日本人として本当に誇らしく思いました。戦いの内容を見ても、2014年のソチの時は、ショート、フリー合わせて3回の4回転に挑戦して決まったのは2回でした。4年後の今回は、6回挑戦して5回成功。種類は同じトウループとサルコウですが、その数が倍以上になっていました。難易度を下げてもこれだけのジャンプ構成、それがこの4年間の彼の進化です。 ただ、そんな羽生選手も、けがの影響もあり今回、金メダルを獲るまでにはそんなに簡単ではなかったと思います。それだけ他の選手も含めて男子選手のジャンプレベルが一気に上がった4年間でした。そのきっかけを作ったのは、中国のボーヤン·ジン選手の4回転ルッツの成功だったのでは?それまでもルッツを跳ぶ選手はいましたが、ボーヤン選手の4回転ルッツはかなりの高確率です。対抗して4回転の種類を増やす選手が他にも出てきました。そこから5種類の4回転を跳ぶところまで人類が進化するという、そのスピードもすごかった4年間でした。

男子シングルの4年間は進化が著しかった

男子シングルの4年間は進化が著しかった

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ