名古屋ダイヤモンドドルフィンズ

チャンピオンシップ進出枠は中地区の2位争いのみに絞られ、残留プレーオフに入る可能性のあるチームが4チームという状況で、B1の長いレギュラーシーズンは最終週を迎える。

中地区2位の座については、名古屋ダイヤモンドドルフィンズがあと1勝するか、新潟アルビレックスBBが1敗した時点で決着がつく。名古屋は5月2日がシーホース三河、4日と5日に栃木ブレックスといずれもホームで対戦することになっている。しかし、一歩間違えば3連敗もありうるだけに、富山グランジーズとレバンガ北海道戦で新潟が3連勝した場合は、タイブレークで名古屋を上回る(3勝3敗だが得失点差+22)ため、チャンピオンシップに進出できる。もしかしたら、7日に行われる北海道戦は、B1のレギュラーシーズン最後のゲームにふさわしい試合になるかもしれない。

一方、B1残留プレーオフ回避に向けた争いでは、大阪エヴェッサ、富山グラウジーズ、三遠ネオフェニックスが23勝。滋賀レイクスターズは22勝で、残留プレーオフに対象チームとなっている。しかし、4チームが同率で並ぶ可能性を秘めており、そうなった場合のタイブレークは非常に複雑なものになる。富山と滋賀が5日と6日に直接対決があり、2連勝したチームは残留プレーオフ回避できる可能性を増す。大阪は富山と三遠に対するタイブレークで上回っているものの、残る3試合が琉球ゴールデンキングスとサンロッカーズ渋谷戦。もし、3連敗ということになれば富山と三遠だけでなく、タイブレークで滋賀に抜かれて残留プレーオフ行きという事態もありうる。

お知らせ

バスケ見るならJ SPORTS
J SPORTSでは学生からプロまで国内外の大会を充実のラインアップでお届けします!

J SPORTSバスケットボールパック発売中!
詳しくはこちら>>

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ