★★★:今村佳太(新潟アルビレックスBB #30)

新潟アルビレックスBBは負けたらチャンピオンシップ進出絶望という状況の中で、今村は三遠ネオフェニックスとの2連戦で見事なステップアップ。1戦目は持ち味であるシュート力を存分に発揮し、3P4本を含む15点を奪って20点差で解消する原動力となった。2戦目は残り2分55秒で5点を追う状況から、ダバンテ・ガードナーの3Pプレー後に迎えた残り1分34秒に一度逆転に導くジャンプシュートを決めるなど、31分29秒間で12点をマーク。また、勝利を決定づける最後のリバウンドを奪ったあたりも、勝利に大きく貢献した選手として称賛に値する。

お知らせ

バスケ見るならJ SPORTS
J SPORTSでは学生からプロまで国内外の大会を充実のラインアップでお届けします!

J SPORTSバスケットボールパック発売中!
詳しくはこちら>>

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ