今年1月7日に行われた、第54回全国大学ラグビーフットボール選手権大会の決勝。

前人未到の大学選手権9連覇を目指す帝京大学は、19年ぶりの決勝進出を決めた明治大学と対戦。対抗戦の強豪同士の戦いを一目見ようと、冬の厳しい寒さに見舞われた秩父宮ラグビー場には、20,489人のファンが集まり熱い声援を送った。

試合はミスからトライを許し、明治大に先制を許す苦しい立ち上がり。その後も立て続けにトライを奪われ、7-17の10点ビハインドで前半を折り返しとなった。

だが、後半は帝京大が持ち前の修正力で試合の流れを取り戻すと、最後は21-20で勝利。クロスゲームを制し、大学選手権9連覇を達成。日本ラグビー界に新たな金字塔を打ち立てた。

今季は帝京大にとって、大学選手権10連覇がかかる節目の年。そして、その前哨戦とも言える第7回関東大学春季大会が今年も開幕する。10連覇という未踏の領域へ。チームはいよいよ長く、険しい道を歩みだす。

新主将の秋山

「コツコツと努力できることが自分の強み」と話すのは、今季の主将に就任した秋山大地(4年=つるぎ)4年生のなかで行われた協議の結果、誰よりも努力を怠らないその姿勢が決め手となって新主将へ抜擢された。

そんな秋山、昨季はLO(ロック)としてセットプレーで大きく存在感を出し、大学選手権決勝では後半15分にトライを決めるなど、大学選手権9連覇に大きく貢献。

主将就任以降はチームメイトや岩出監督からも「チーム全体を見渡し、どういう言葉が適切かを深く考えて、伝えていって欲しい」と大きく期待を寄せられている。

また、チームのスローガンには『hungry』を掲げる。「現状に満足しないで何事も自分からやりたという気持ちがあれば、チーム全体のスキルアップにつながる」と秋山。

今や、大学ラグビー界において絶対的な存在となったからこそ、現状に満足せずにさらにその上を目指すという強い思いが、このスローガンには込められている。

お知らせ

\J SPORTSオンデマンド限定/
ラグビー第7回 関東大学春季大会
Aグループ全試合を含む注目試合をLIVE配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★大学ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ