ラグビー関東大学春季大会が開幕した。明治大学は4月30日(月)に帝京大学戦を札幌ドームで迎える。今シーズンを占う大事な初戦は王者との一戦。早くも昨季のリベンジマッチとなった。

全国大学選手権で19年ぶりの決勝進出となった昨季。王者の牙城に迫ったが帝京大学相手に20-21で惜敗。悔し涙を流した。新たなチームは田中澄憲新監督の下、SH(スクラムハーフ)福田健太主将(法4=茗溪学園)を中心に頂点を目指す。

福田がチームを動かす

22年間日本一から遠ざかっている明治大学。優勝のみが期待される今シーズン、主将に選ばれたのは福田。1年次から紫紺に袖を通し、不動のSH(スクラムハーフ)としてチームをけん引してきた。

「ずっとグラウンドに立ち続けていることは本当にすごい」(田中監督)と首脳陣からの信頼も厚い。昨季決勝の帝京大学戦ではブレイクダウンから飛び出しトライを決めるなど、頭脳プレーのみならず、強気のプレーが光る。

「声でもプレーでも引っ張るキャプテンになる」(福田)。主将という役割は常にグラウンドの中心に立っていた彼だからこそできるものだ。

また、新たな改革として、今季は副将を置かず7人のリーダー陣が主将を支える。これまで副将を置くと、主将と副将で完結する傾向があった。

しかし、リーダーを増やしたことにより、最上級生がラグビーに関することだけでなく私生活のことまで把握し、全員がチームとして関わっているという意識が強くなった。

FW(フォワード)リーダーとして選ばれたのはPR(プロップ)齊藤剣(政経4=能代工)、PR祝原涼介(情コミ4=桐蔭学園)、FL(フランカー)井上遼(政経4=報徳学園)、LO(ロック)土井暉仁(政経4=常翔学園)。

これまでも中心選手として活躍してきたこの4人を中心に、紫紺の代名詞でもある「重戦車」は今季も健在であることを証明する。

BK(バックス)リーダーにはSO(スタンドオフ)松尾将太郎(商4=東福岡)、忽那鐘太(文4=石見智翠館)、FB(フルバック)高橋汰地(政経4=常翔学園)が選ばれた。実力はもちろん、キャプテンシーも兼ね備えた3人が後方から支える体制となった。

お知らせ

\J SPORTSオンデマンド限定/
ラグビー第7回 関東大学春季大会
Aグループ全試合を含む注目試合をLIVE配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★大学ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ