リヴァプール vs. ストーク

24日に行われたCL準決勝1st-legではサラー、マネ、フィルミーノの最強3トップのゴールでローマに5-2で完勝したリヴァプール。
古巣であるローマ戦で2得点を挙げたサラーはこれでピッチに立った公式戦7試合連続ゴール。 今シーズン公式戦得点数を「43」に伸ばし、リヴァプールの1シーズンにおける歴代最多得点記録「47」(83/84イアン・ラッシュ)へあと「4」ゴールに迫った。 しかし、この試合でオクスレイド=チェンバレンが負傷。今シーズンの復帰は絶望とのこと。リヴァプールにとっては痛手となってしまった。
今節はホームでストークを迎えるが、この試合の4日後には再びCLでローマと大事な一戦を迎えるため、省エネで勝利し、弾みをつけたいところ。
降格圏に沈む19位ストークは残留に向け、あとがない状況。絶対に負けられない戦いが続く。

ウェストハム vs. マンチェスター・シティ

前節、アーセナルとのダービーマッチに1-4と完敗しここ3試合勝利がなく15位に低迷するウェストハム。
降格圏の18位サウサンプトンとは6ポイント差で残留へ向け、油断のできない状況が続く。 残りの3試合の相手は、レスター、マンチェスターU、エヴァートンと上位チームが続くだけにチャンピオンが相手だが1ポイントでも稼いでおきたいところ。
シーズン10ゴールのアルナウトヴィッチの存在が光明となるか?
一方、今シーズンのチャンピオンとなったマンチェスター・シティは、最多勝ち点、最多勝利、最多得点、最多得失点差などの記録の更新に期待がかかる。
前節も残留争いを強いられているスウォンジーを5-0と一蹴し、気の緩みは見せていない。
ウェストハムは、『残留』。マンチェスター・シティは、『記録』への戦いとなる。

トッテナム vs. ワトフォード

前節トッテナムはケインのゴールで先制するがブライトンにPKを決められ1-1のドロー。
順位は変わらず4位(68ポイント)だが5位のチェルシーが勝った為、5ポイント差に縮まった。
一方のワトフォードも前節はクリスタルパレスと対戦しゴールレスドロー。 シュート数はクリスタルパレスの倍以上となる14本を放ったが決められず、順位も前節同様の12位(38ポイント)。
トッテナムはFAカップ準決勝のユナイテッド戦ではデリ・アリのゴールで先制するもサンチェス、エレーラにゴールを許し逆転負け。 今シーズンの目標が来シーズンのCL出場権獲得に絞られたスパーズは、残り4試合全て下位チームとの対戦。 手始めに今節はホームで公式戦4試合ぶりの勝利を目指し、アグレッシブにプレスをかけて攻めてくるはず。
対するホーネッツは残留ラインの40ポイントを目指し1ポイントでも積み重ねていきたいところだが…果たして結果は!?

J SPORTSではイングランドプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送!
詳細はこちらから⇒https://www.jsports.co.jp/football/premier/

photo

J SPORTS 編集部

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ