裏切らなかった公式テスト、開幕戦ではKEIHIN NSX-GTが来ただけに!

第1戦 GT500

岡山国際サーキットで行われたSUPER GTの開幕戦では、塚越広大/小暮卓史組のKEIHIN NSX-GTがGT500を制し、GT300では中山友貴/小林崇志組のUPGARAGE 86 MCが優勝という結果になった。前回のプレビューではKEIHIN NSX-GTが有利とし、実際にそのとおりの展開となったのは、予想の素となった開幕前の公式テストが裏切らなかったことを意味している。というわけで、富士スピードウェイで行われる第2戦に関しても、公式テストをまず振り返ってみることとしよう。

3月24日から2日間、4セッションに渡って行われたテストでは、すべてトップが入れ替わっていた。セッション1は平川亮/ニック・キャシディ組のKeePer TOM’S LC500が1分29秒014、セッション2はジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/高星明誠組のフォーラムエンジニアリングADVAN GT-Rが1分28秒055、セッション3は国本雄資/山下健太組のWedsSport ADVAN LC500が1分28秒877、そしてセッション4は佐々木大樹/ヤン・マーデンボロー組のカルソニックIMPUL GT-Rが1分29秒409という具合に。

もちろん前回も述べたとおり、それぞれ行なっているメニューが異なっていることも十分考えられ、あくまでも参考程度に……となるわけだが、それでも最速タイムを記している、フォーラムエンジニアリングADVAN GT-Rを注目せずにはいられない。
また、このテストにおいては、ホンダNSX-GT勢が一度もトップに立っていないのが興味深い。空力パッケージの仕上がりの違いというか、より高速レイアウトの富士には、レクサスLC500やニッサンGT-Rの方がマッチしていたということなのだろう。いずれにせよ、前回優勝のKEIHIN NSX-GTや、2位だった山本尚貴/ジェンソン・バトン組のRAYBRIG NSX-GTは、ウエイトハンデの影響もあって手堅いレース展開を心がけるはずだ。確実に言えるのは、そこだけであって……。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ