スーパーフォーミュラ

国内トップフォーミュラ、全日本スーパーフォーミュラ選手権も開幕しました。
そして、おこがましいですが、今年のシリーズは、ネオ・スーパーフォーミュラと改名させていただきます。なぜ、お分かりですよね、SF14+エンジン(TOYOTA or HONDA)と地面を繋げているタイヤが、再び新たな時代に突入したから。日本の現首相が好きなフレーズを込めるなら、【タイヤ使い方革命】。昨年、一昨年まで年間2レースだけ運用された2スペックのタイヤが今年からフルシーズンで使えるようになったのですよ。

タイヤが変わる、レースが変わる。タイヤが変わればトータルパフォーマンスが一変する。

悩んでいましたよ。皆が。
エンジニアさん達、ドライバー達。
今年から投入されるミディアムとソフトのタイヤ特性が開幕戦を迎えても読み切れていない。テストは行われていましたよ。でもね、それは鈴鹿では3月の半ば。気温、路面温度ともに20度くらいの差がある。そのような気象の3月に開幕戦の状況を予測してマシンのセットアップを行うのは、到底無理。スタンダードなセットにすれば、と、お考えの方もいるかもしれませんが、現在の国内トップフォーミュラを戦うチーム達が100分の1秒を削るべく施しているセットアップの緻密度は【まあ、こんなもんで】などということはあり得ないのですね。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ