プレミアリーグの得点王争いは、31ゴールのモハメド・サラー(リヴァプール)が首位を走っている。

ペナルティーボックス内でボールを受け、マーカーを背負いながら反転して放つ左足シュートは、分かっていても止められない精度にまで磨きがかかった。「チャンスメイカーのイメージだったが、正真正銘のゴールゲッターだね」とユルゲン・クロップ監督が相好を崩したように、ASローマでプレーしていた当時とはまるで別人だ。プレーエリアが中央寄りになったこと、クロップ監督が典型的なセンターフォワードを必要としていないことも幸いし、前線である程度の自由を享受できるようになった。

したがって、よりゴールを意識するプレーヤーへの変貌は、当然の帰結だったのかもしれない。しかし、残り試合が得点王の障壁になる恐れが浮上してきた。

◆4月28日:ストーク戦(H)
◆5月7日:チェルシー戦(A)
◆5月13日:ブライトン戦(H)

厄介な相手ばかりである。ストークは残留、チェルシーはCL出場権に向けてひとつも負けられず、最終節で闘うブライトンも、この一戦にプレミアリーグの座がかかるケースが十分に考えられる。ストーク戦から中四日で迎えるローマ戦(5月3日・CL準決勝2ndレグ)も含め、インテンシティの高い試合になるだろう。当然、サラーは厳しいマークにさらされ、負傷の危険がはらむ。彼とリヴァプールにとって、ありがたくない流れだ。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ