アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督が今シーズン限りで退任することが決まった。 1996年に監督に就任。22シーズンにわたって名門アーセナルを率いて戦い、プレミアリーグで3度、FAカップで7度の優勝。2003/04年シーズンの無敗優勝こそが最大の金M字塔だ。このところタイトルから遠ざかり、今シーズンもプレミアリーグで6位に甘んじており、退任の決定はやむを得ないが、実績から言えば押しも押されもせぬプレミアリーグを代表する名監督の1人だ。

1993年の開幕以来Jリーグのお荷物のような存在だった名古屋グランパスエイトを強豪の地位に引き上げ、同クラブに所属していたドラガン・ストイコビッチに輝きを取り戻させたヴェンゲル監督がアーセナルに移った1966年の夏のことだった。 ふた昔前のプレミアリーグは、まだ近代化の途上にあった。

当時のイングランド最強チームは、サー・アレックス・ファーガソン監督就任から10年を迎えたマンチェスター・ユナイテッドだった。ヴェンゲルの監督就任の前シーズンにはプレミアとFAカップのダブル・チャンピオンとなり、さらに1996/67年シーズンにはプレミア連覇を達成している。

そのユナイテッドのライバルであり、現在ではイングランド最大のメガクラブとなったマンチェスター・シティは、当時はまだユナイテッドの後塵を拝していた。まだ古い(そして、雰囲気のある)メインロードをホームにしていたシティは、1995/96年シーズンにプレミアリーグで18位に終わり、翌シーズンにはディヴィジョン1(つまり2部リーグ)に降格していた。そんな時代だった。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ