大谷翔平の次回登板は、現地4月24日(火曜日)のアストロズ戦になりそうだ。

「どんな試合も大事である」を百も承知で書くが、かなり重要な試合になる。その理由は単純に、アストロズが昨季のワールドシリーズ王者だからだ。

これは大谷にとっても、エンゼルスにとっても、シーズン序盤の大事なテストになる。つまり、「王者相手にどれぐらい戦えるのか?」という最初のテストだ。アストロズ相手に互角以上の闘いができれば、シーズン序盤ということを差し引いてもエンゼルスには現時点で「かなり競争力がある」。できなければシンプルに、現時点では「まだまだ力不足だな」ということになる。

王者アストロズは現在、首位エンゼルスの背後にピッタリと張り付いている。20試合を経過した時点でエンゼルスが13勝6敗、アストロズが13勝7敗と違うのはたった1つの負け星だけなので、並走していると言ってもいい。

2000年にヤンキースがワールドシリーズ3連覇を果たして以来、同シリーズを連覇したチームはいないが、地区優勝やリーグ優勝するチームは少なくない。たとえば2016年のワールドシリーズ王者カブスは現在、ナ・リーグ中地区を3連覇中であり、昨季のナ・リーグ王者ドジャースは現在、同地区を5連覇中である。

そして、今年のアストロズも充分にリーグ優勝や地区連覇を狙える。たとえばパイレーツのエース、コールを迎え入れた先発投手陣は、現在チームの先発防御率2.45とリーグ1位であり、救援投手陣も昨季のクローザー、ジャイルズをデベンスキーと入れ替える不測の事態があって尚、救援防御率2.45とこちらもリーグ1位である。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ