日本女子代表(なでしこジャパン)が、AFC女子アジアカップで連覇を達成した。 オーストラリアとの決勝戦は開始直後から押し込まれる苦しい展開となったが、GKの山下杏也加がPKをストップするなど好セーブを連発。DFも体を張った守備で相手のシュートをブロックするなど無失点で耐える。そして、途中交代で入った横山久美がワンタッチで相手DF2人をはずし、オーストラリア・ゴールの右上隅に完璧なゴールを決め、その「虎の子」の1点を最後まで守り切っての優勝。まるで2011年ワールドカップ決勝のアメリカ戦を思い出させる、ミラクルのような勝利だった。

最近は男子日本代表のハリルホジッチ監督が解任されたり、ACLでJリーグ勢4チームのうち3チームの敗退が決まったりと悲観的材料ばかりだった日本のサッカー界で、女子代表の優勝は久しぶりの明るい話題となった。

女子代表はグループリーグでもオーストラリアと対戦し、この時も押し込まれる時間が長かったが1対1で引き分けて2位で準決勝に進出している。今回のコラムのテーマは、そのグループリーグ最終戦でのオーストラリア戦の戦い方である。

状況はこうだ。 B組は「3強(オーストラリア、日本、韓国)1弱(ベトナム)」という展開となり、3強同士の戦いはすべて引き分けに終わり、3チームが1勝2分の勝点5で並んだのだ。当該チーム同士の戦績も各チームが勝点2で、もちろん得失点差も0だ。そして、総得点数が0(つまり、オーストラリア戦も日本戦もスコアレスドロー)の韓国が3位となり、総得点数が1で並んだ(つまり、直接対決で1対1で引き分けた)日本とオーストラリアはベトナム戦の結果によって、ベトナムを8対0で下したオーストラリアが1位、ベトナム戦が4対0だった日本が2位となったのだ。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ