全体順位で1位、44勝のシーホース三河が、同2位、40勝の琉球ゴールデンキングスを迎え入れる今節。現在、東地区首位の千葉ジェッツが40勝で同率、CSセミファイナルでのホーム開催権利を得るのは全体2位以上であるだけに、どちらにとっても、今節でも2勝が欲しいし、少なくとも連敗は許されない戦いだ。

前節の初戦、琉球は新潟アルビレックスの前に敗戦。終盤、#30今村佳太に許した3Pが響き、最後のタイムアウト後にはターンオーバーを喫して逆転の機会を逃す。続く第2戦ではディフェンスの強度を高めて新潟をミスを誘うと、#14岸本隆一の活躍もあって勝利を収めた。西地区優勝を決めた記念すべき前節は、課題と可能性の両方を感じさせる2試合だったのではないか。

対する三河。前節の島根スサノオマジック戦では、追いすがる島根を振り切って連勝。前節の初戦、千葉への大敗から立て直し3連勝。常勝チームの成熟度の高さを感じさせた。圧巻は、#0橋本竜馬だ。2試合目の1ピリオドだけで19得点と荒稼ぎ。何よりも、チームに活力を与えたのは堅実さと攻撃性が交互に顔を見せる激しいディフェンス。自らのスティールからも得点を稼ぐだけではなく、チームの士気を高める最高のプレーだった。

両チーム共にCSに向けて、仕上げの段階。その中で、チームの中心選手が、誇りとプライドを感じさせるプレーを見せているのは好材料だ。

お知らせ

バスケ見るならJ SPORTS
J SPORTSでは学生からプロまで国内外の大会を充実のラインアップでお届けします!

J SPORTSバスケットボールパック発売中!
詳しくはこちら>>

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ