昨季、早稲田大学は全国大学選手権3回戦で、18-47と大差で東海大学に屈した。これで9年連続『荒ぶる』を逃し、4年連続年越しならず。

厳しいが、現在早大が直面している現実である。そして、今年早大は創部100周年を迎えた。昨季、関東大学対抗戦で2位タイ(4位扱い)に終わったため、関東大学春季大会はBグループ(対抗戦・リーグ戦で4〜6位)での戦いとなる。そんな今季の早大の陣容を見ていきたい。

2016年からチームを率いた山下大悟前監督(平15人卒=神奈川・桐蔭学園)が昨季限りで退任し、今季から相良南海夫監督(平4政経卒=東京・早大学院)が新たに就任した。相良監督は三菱重工相模原ダイナボアーズで監督を務め、チームをトップリーグへ昇格させた経験も持っている。

相良監督の就任により大きく変わった点は、選手たちに判断を委ねている部分が多くなったことだ。佐藤真吾主将(スポ4=東京・本郷)も「より主体的に判断していくラグビーをしたい」と語っており、昨季に比べて選手たちがグラウンド上で、より主体的に状況判断をしていくラグビーの構築を目指している。

今季の早大の特徴はFW(フォワード)、BK(バックス)ともに昨季までAチームでプレーした選手が多くチームに残ることだ。

NDSにも選出されたSH齋藤

BKではNDS(ナショナル・デベロップメント・スコッド)のキャンプ・遠征を経験したSH(スクラムハーフ)齋藤直人(スポ3=神奈川・桐蔭学園)を筆頭に、7人制ではゲームメイクのセンスが光ったSO(スタンドオフ)/FB(フルバック)岸岡智樹(教3=大阪・東海大仰星)。

また、強力なタテへの突破力を持つ、CTB(センター)中野将伍(スポ3=福岡・東筑)は今季も中枢としてチームをけん引する活躍が求められる。

そして、シーズン終盤にケガにより戦線を離脱し、悔しさを味わったWTB(ウィング)/FB古賀由教(スポ2=東福岡)や、圧倒的なスピードで7人制でも幾度となくチャンスを生み出したWTB/FB佐々木尚(社4=神奈川・桐蔭学園)など、BKのポジション争いは熾烈(しれつ)になることが予想される。

新入生に目を向けると、昨年度全国優勝を果たした東海大仰星高からはCTB長田智希(スポ1=大阪・東海大仰星)、WTB河瀬諒介(スポ1=大阪・東海大仰星)が加入。

長田は出足の鋭いタックルが持ち味であり、河瀬はフィニッシャーとしてトライを取り切る能力を持っている。持ち前の高い潜在能力を発揮すれば、シーズンの早い段階からチームの力となることは間違ないだろう。

お知らせ

\J SPORTSオンデマンド限定/
ラグビー第7回 関東大学春季大会
Aグループ全試合を含む注目試合をLIVE配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★大学ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ