エンゼルスが現地4月12日時点でア・リーグ西地区の首位に立っていること自体に、そう驚きはない。だが、その中心に日本人選手がいるということは、去年の今頃は想像もできなかった。

去年の今頃―。

暦の上でなら、去年の4月12日もエンゼルスは6勝3敗、勝率.667で2位アストロズに0.5ゲーム差をつけて首位に立っていた。今年は11勝3敗、勝率.786で、やはり2位アストロズに1.5ゲーム差をつけて首位に立っている。

ところが今と同じ14試合経過時点では、去年のエンゼルスは7勝8敗と負け越して2位に後退し、9勝5敗と同じペースで勝ち続けたアストロズに首位の座を明け渡した。

去年のエンゼルスは開幕ダッシュにこそ成功したものの、9試合目から6連敗、勝ちを一つ挟んで11試合目から3連敗と苦戦した。それでも4月は4連勝や5連勝したお陰で14勝13敗と勝ち越している。去年の4月終了時点では首位アストロズが16勝9敗、勝率.640、2位エンゼルスが14勝13敗、勝率.519で両者はわずか3ゲーム差だった。

去年の四月終了時点でのエンゼルスは、チームの打撃成績が軒並みア・リーグ10位前後に沈んでおり、とりわけ長打率に関してはリーグ13位の.359と低迷していた。

試合数が違うので単純な比較はできないが、現在エンゼルスのチーム打撃は14試合終了時点で93得点、22本塁打、打率.290、出塁率.347、長打率.481と軒並みリーグ・トップだ。とりわけ長打率は2位ブルージェイズの.449を大きく上回っている。

何が違うのか? それを説明するのはとても簡単だ。そう、大谷が入ることの多い「指名打者」と「8番打者」の打撃成績だ。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ