昨シーズン1勝のルーキーが開幕3戦目を託された。大出世、そう言っても過言ではない。ベテラン勢の山井、吉見。同じ左腕の大野雄大との競争の中、開幕ローテを勝ち取った。

新潟生れの朴訥とした青年は、その人柄が野球にも表れている。キャンプから決して派手なパフォーマンスは無い。淡々とメニューをこなし実戦では安定感のある数字を並べる。

ピシャリ無失点も無いが、大量失点ノックアウトもない。本人は「そこまで意識はしていないです」と話すが、投げる日はQS(6イニング以上自責3点以内)の範囲内に収めてくる。

塁上ランナーが出ても、不思議と粘り切る力がある。笠原は「昔からイニング先頭に連続四球の後、三振3個とか、そんな投球していましたね。そりゃピシャリと抑えたい願望はありますが、不思議と僕はそうならないんです」と話す。

逆を言えば、大量失点KOの記憶もほとんどない。「大学時代、1度大量失点で何ともならない試合はありました。はっきり覚えています。悔しかったですね。でもその試合以外は…。記憶にないですね」と笑って話す。笠原は持って生まれた粘り強さがある。

新潟医療福祉大学時代出身、強豪大学と比べれば決して恵まれているとは言えない。大学時代の部員はだいたい100人くらい。うち40人の投手がいる。一人の投手コーチが約40人の投手を見る。ブルペンはわずか3つ。外にもあるが冬場は使えない。

去年、笠原はこんな事を言っていた。「コーチにこうなっているとか、色々言われるんですが、正直よく分からない。今までフォーム一つとっても細かく練習したことがないんです。鈍感というか、自分をまだよく理解していないんですよ」。

これまで笠原は野球では、名門とは言えない経歴を歩いてきたといえる。練習も試合も自分で考え、自らの力で答えを出してきた。

開幕3戦目、広島戦は6回8安打4失点。「チェンジアップが良くなかった。抜けの感覚が悪い。肘から押し出すように投げてしまった」と反省を挙げ、自身2度目の登板を迎えた。

京セラドームの阪神戦。6回5安打1失点。勝ち星はお預けになったが、見事な投球だった。

お知らせ

\J SPORTSオンデマンド/

中日ドラゴンズ戦は主催試合を60試合以上LIVE配信します
中日ドラゴンズ主催試合をご覧いただくには中日ドラゴンズ戦シーズンパックがお得です。

●中日ドラゴンズ戦シーズンパック:8,000円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で4,000円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ