4月4日のリバプールとのUEFAチャンピオンズリーグ(UCL)準々決勝第1レグで0−3というまさかの大敗を喫し、続く7日のイングランド・プレミアリーグで宿敵マンチェスター・ユナイテッドに2−3で逆転負けしたマンチェスター・シティ。今季初の公式戦連敗を受け、チーム全体に動揺が走った。プレミア制覇はほぼ決まっているとはいえ、UCL優勝という長年の悲願を諦めるわけにはいかない。10日のリバプールとのUCL準々決勝第2レグは勝ちに行くしかなかった。

ホーム・エティハド・スタジアムでの1戦ということで、彼らは積極的に仕掛けて先手を取り、ゴールを積み重ね、相手を無失点に抑えたうえで3−0以上の結果を残すしかなかい。それは名将ジョゼップ・グアルディオラ監督にとっても極めて難しいテーマだった。指揮官が採った策は3−4−3という変則システムの採用。直近2戦は基本の4−3−3で戦っていたが、それで結果が出なかったことで布陣変更に踏み切ったのだろう。

開始早々の2分に鋭いカウンターからラヒム・スターリングのラストパスをガブリエル・ジェズスが幸先のいい先制点を挙げた時点では、奇跡の逆転劇も可能かと思われた。その後もボール支配率ではマンチェスターCが圧倒し、主導権を握り続けた。が、この優位な時間帯に追加点が奪えなかったのが後々に響くことになる。前半41分のレロイ・ザネのゴールがレフリーの誤審で取り消される不運もあり、前半は1−0で終了。このスコアはリバプールのユルゲン・クロップ監督にとっては想定内だったに違いない。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ