「FIMスーパーバイク世界選手権」はオーストラリア、タイのフライアウェイ戦を終え、いよいよ本格的なヨーロッパラウンドへと突入。第3戦が3月13日(金)〜15日(日)にスペインのモーターランド・アラゴンで開催されます。J SPORTSでは4月16日(月)午後10:00からJ SPORTS 3でオンエア。またJ SPORTSオンデマンドでも配信されます。

前回のタイ、チャン・インターナショナルサーキットではカワサキZX−10RRを駆る王者のジョナサン・レイがポールポジションを獲得。レース1の激しい競り合いから逃げ出し、独走での優勝を飾りました。しかし、レース2では3列目スタートで混戦から抜け出せず、トップグループから離されて4位となったレイ。何とか今季初優勝をタイで飾りましたが、まだ1勝しかできていない事実は今シーズンの接戦ぶりを伝える端的な事実です。それでもジョナサン・レイはランキング首位に浮上。夏の鈴鹿8耐に「Kawasaki Team Green」から出場することも決まり、本格的な開幕といえるヨーロッパラウンドを前に彼自身はハッピーなウィークエンドとなったようです。

今季の「スーパーバイク世界選手権」はカワサキの独走を許さないとばかりにテクニカルレギュレーションが変更され、エアリストリクターによる吸入制限からレブリミット制限による性能調整に変わりました。タイはストレートのアクセル全開区間も長く、カワサキZX−10RRの直線の速さは鳴りを潜め、逆にドゥカティをはじめとする他のメーカーの躍進を促す形になっています。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ