優勝直後、歓喜の桐蔭学園フィフティーン

3月30日にラグビーどころ、埼玉県・熊谷で開幕した第19回全国高等学校選抜ラグビー大会は、4月8日(日)、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で決勝戦が行われた。

ディフェンディングチャンピオンの桐蔭学園(神奈川)が、5年ぶりの優勝を目指した大阪桐蔭(大阪)を46-26で下し、2年連続2度目の優勝を飾った。

関東大会で優勝し、準々決勝では東福岡(福岡)を11年ぶりに倒した勢いのまま決勝に進出した桐蔭学園。

そして、昨年度の花園準優勝で近畿大会を制した大阪桐蔭と、決勝戦は東西の強豪同士の激突となった。なお、両者は昨年の花園準決勝でも対戦し、大阪桐蔭が、12-7で接戦を制していた。

天気は快晴だったが、熊谷特有の5mほどの強風が吹くなか、試合はキックオフされた。

風下を選んだのは、花園のリベンジに燃えていた桐蔭学園だった。前日、2時間半ほど選手たちでミーティングを行って戦略、戦術を話し合う中で、最終的には藤原秀之監督のアドバイスもあり、前半は風下、後半は風上で戦うというプランを立てていた。

ハットトリックを達成した桐蔭学園SH小西主将

コイントスで勝った桐蔭学園は風下を選択肢、前半はボールを継続して戦う戦略を取った。キャプテンのSH(スクラムハーフ)小西泰聖(3年)は、「近場だと相手は身体が大きいので、少しFW(フォワード)を遠目に当てた」と言うように、FWを接点からやや離れた位置に配置、ボールを動かして、しっかりと味方FWを前に出した。

また、藤原監督が「スペースのあるところへボールを持っていこうというようなプランでした」と言うように、FWが前に出れば、BK(バックス)でしっかりとスペースを突く狙いだった。

前半5分に大阪桐蔭のWTB(ウィング)芦塚仁(2年)に先制トライを許してしまったが、桐蔭学園は落ち着いて戦略、戦術を実行する。

10分にSO(スタンドオフ)津田貫汰がPG(ペナルティゴール)を決めると、FWでボールをつないだ後、12分にはWTB西川賢哉(2年)が右サイドを突いてトライを挙げて、8-7と逆転に成功する。

15分にはSH小西がラックサイドを走り切ってそのままトライ。18分にはスクラムからトライ。そして、25分にもトライを挙げて、小西は前半だけでハットトリックを達成し、29-7と大きくリードした。

大阪桐蔭2年FL奥井、すっかりチームの中心に

「FWがミスせずにボールを継続できたことが(ハットトリックできた)一番の要因だと思います」(小西)。

大阪桐蔭の綾部正史監督は「相手の9番(小西)がいい選手だったので、できるだけ止めたかったけれど、見すぎてそこに足が出なかった」と悔やんだ。マークしすぎて逆にやられてしまったというわけだ。

ただ、大阪桐蔭も負けていない。28分、昨年度の花園で活躍したFL(フランカー)奥井章仁(2年)がトライを挙げて、29-14として前半を折り返した。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
スーパーラグビー2018全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★スーパーラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ