名古屋ダイヤモンドドルフィンズ

昨季のB1は、琉球ゴールデンキングスと大阪エヴェッサが最終戦まで西地区2位でのチャンピオンシップ進出を争った。今季はすで6チームが出場を決めているが、中地区の2位争いは土壇場まで何が起こるかわからない状況になりつつある。9試合を残して25勝26敗の名古屋ダイヤモンドドルフィンズが2位。2ゲーム差で三遠ネオフェニックス、3ゲーム差で富山グラウジーズと新潟アルビレックスBBという順位になっており、各チームの残り試合は以下のとおりだ。(チーム名のうしろにある数字は試合数、H=ホーム、A=アウェイ)

★名古屋
A東京2(A)、富山2(H)、横浜2(A)、三河1(H)、栃木2(H)
★三遠
川崎2(H)、A東京2(A)、新潟2(A)、横浜1(H)、西宮2(H)
★富山
栃木2(A)、名古屋2(A)、三河2(H)、新潟1(A)、滋賀(A)
★新潟
琉球2(H)、島根2(A)、三遠2(H)、富山1(H)、北海道2(A)

2位の名古屋は今週末アルバルク東京とのアウェイ戦になるが、これを1勝1敗で乗り切り、ホームでの富山戦に連勝できると、チャンピオンシップ進出に前進できる。3位三遠との直接対決を5勝1敗で勝ち越していることからも、残り9試合で5勝すると、他の3チームは7勝以上が2位の座を確保するための最低条件となる。

お知らせ

バスケ見るならJ SPORTS
J SPORTSでは学生からプロまで国内外の大会を充実のラインアップでお届けします!

J SPORTSバスケットボールパック発売中!
詳しくはこちら>>

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ