マンチェスターCは今週末の7日、マンチェスター・ユナイテッドとの大一番を控えている。本拠地、エティハド・スタジアムでのマンチェスターダービーという最高の舞台で大一番を制することができれば、4シーズンぶりのプレミア制覇が決まる。

チーム全体が優勝決定に向けて驀進している今、リバプールに手痛い敗戦を喫したことは、前向きなムードに水を差すことになりかねない。準備時間3日しかないが、彼らはいかにして王者の風格を取り戻すのか。そこはグアルディオラ監督のチームマネージメント次第と言っていい。

ジョゼ・モウリーニョ監督率いるマンチェスターUは堅守が最大の強み。だからこそ、マンチェスターCは持ち前の爆発力を示して、相手ゴールをこじ開けなければならない。次戦はアグエロも戻ってくると見られるが、とにかくFW陣が得点という結果をキッチリ奪うことが先決だ。それができれば、意外とすんなり優勝が決まる予感もある。ここまでわずか1敗と今季プレミア開幕から快進撃を続けてきたチームらしい戦いぶりを、今一度、我々の目に焼き付けてほしいものである。

photo

元川 悦子
もとかわえつこ1967年、長野県生まれ。夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターに。Jリーグ、日本代表から海外まで幅広くフォロー。ワールドカップは94年アメリカ大会から4回連続で現地取材した。中村俊輔らシドニー世代も10年以上見続けている。そして最近は「日本代表ウォッチャー」として練習から試合まで欠かさず取材している。著書に「U-22」(小学館)「初めてでも楽しめる欧州サッカーの旅」(NHK出版)ほか。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ