ジェラードは常にファンと共に歩んできた男だ。「ケニーがクラブ、スタジアムの雰囲気をがらりと変えてくれた。ロイの時のスタジアムの雰囲気では正直やり辛かったし、張り詰めた感じの中で選手たちは殻にこもってしまっている気がした。でもケニーの就任によって、『新監督ブースト』がかかったね」。直接ホジソンを批判しているわけではないにしろ、当時ダルグリッシュ新監督の誕生を心から喜んでいたことが窺える。

実際、このホジソン解任という出来事は、両者にとって好結果を生んだと言って良いだろう。リヴァプールはその後何年間か我慢の時を過ごしたものの、現在はユルゲン・クロップの下、眼前には眩いばかりの明るい未来が広がっている。

ワトフォード戦の4ゴールでまた一歩伝説に近付いたサラーは、もはや大真面目にメッシと比較されるまでの存在になった。コウチーニョの移籍などはもう遠い昔のように感じられ、もちろんこの試合が終われば、「CL→マージーサイドダービー→CL」という3連続大決戦が待っている。

一方、リヴァプール解任の1ヶ月後にウェストブロムの監督に就任したホジソンは見事チームを残留に導き、「身の丈に合った場所」であれば依然として優れた指導力を発揮できることを証明した。

残念ながらその後、彼はまたもや「身の丈に合わない場所」の仕事を引き受けてしまい、イングランド中から批判を浴びることになる。しかし彼はリヴァプールで失敗した後も、20年前にブラックバーンで失敗した後も、地道な仕事ぶりで信頼を取り戻してきた。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ