現実的に考え、チャンピオンズリーグ出場権奪還にはヨーロッパリーグ(EL)制覇しか道がなくなったアーセナル。今後はリーグ戦よりもELを優先するだろうから、監督までELにコンディションを合わせてもおかしくない。何より、今週末に限ってはそれが許される試合なのだ。

アーセナルは、それほどストークとのホームゲームに絶対の自信を持つ。1981年以降、カップ戦も含めてホームでの対戦は15連勝中。監督が会見を欠席しても、4日後のEL準々決勝ファーストレグに見据えながらでも勝てる試合なのだ。

ストークからすれば、15連敗はクラブワーストのタイ記録。今回も敗れれば、1972から91年のアンフィールドでの15連敗を超えて不名誉な新記録となってしまうが、今のチーム状況を考えると、残念ながらその可能性は極めて高いと言える。ストークは最近リーグ戦で7試合に勝利がなく、降格圏にどっぷり浸かっている。2008年の昇格からプレミアに定着してきた彼らだが、今季は10年ぶりの2部降格が現実味を帯びているのだ。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ