第19回全国高校選抜ラグビー大会が、今年も3月30日から4月8日まで、2019年ラグビーワールドカップの開催地で「ラグビータウン」、埼玉県熊谷市で開催される。

全国の9ブロック予選を勝ち抜いた27チーム、開催県枠1チーム、そして実行委員会推薦枠で出場する4チームを合わせて、全国32校が参加する。

32チームを4チームずつ、8つのグループに分けて、3月30日、31、4月1日、3日に予選リーグが行われ、各グループの上位1チーム計8チームが決勝トーナメントに進出。

3日に各校の主将が抽選し、組み合わせが決まり、5日に準々決勝、7日に準決勝、8日に決勝が行われる。なお、J SPORTSオンデマンドでは全試合LIVE配信される。

春の選抜大会は冬の「花園」こと、全国高校ラグビー大会の「前哨戦」の位置付けもあり、2014年度〜16年度は春と冬の王者が同じ高校になるなど、春に上位に進出したチームは、冬も上位に進出する傾向にあることは間違いない。

昨年度の花園でベスト4に入った東海大仰星、大阪桐蔭(ともに大阪)、東福岡(福岡)、桐蔭学園(神奈川)といった強豪も、もちろん今年も選抜に出場する。

前回優勝の桐蔭学園

優勝争いは連覇を狙う昨年度の覇者・桐蔭学園、最多となる6度目の優勝を狙う東福岡。昨年度の花園準優勝&今年度の近畿大会優勝の大阪桐蔭、近畿大会準優勝の報徳学園(兵庫)、近畿大会でベスト4に入った奈良の天理、御所実あたりを軸に争われることになろう。

また、今大会は初出場校が6校出場することも特筆すべきだ。東海大会を準優勝した関商工(岐阜)、昨年度の花園で初出場を果たし、今年度の埼玉県の新人戦で準優勝した昌平は開催県枠で出場。

そして、実行委員会推薦枠(東)の仙台工業(宮城)、佐野日大(栃木)、実行委員会推薦枠(西)の関大北陽(大阪)、福岡工業(福岡)の4校も初めて春の全国大会に挑む。

それでは予選リーグのカードを見ていこう。

◆Aグループ:御所実業(奈良)、深谷(深谷)、大分舞鶴(大分)、黒沢尻工業(岩手)

Aグループはやはり、近畿大会ベスト4の御所実業が頭抜けた存在だろう。伝統のモールも相変わらず強く、1年生から活躍しているSO(スタンドオフ)青木拓巳、ケガから復帰してCTBメイン平(ともに3年)らタレントも揃う。昨年度、花園出場を逃した深谷、古豪の大分舞鶴、東北大会準優勝の黒沢尻工業はFWも強く、展開力のある御所実業にどう挑むか。

お知らせ

全国高校選抜ラグビー大会を全試合LIVE配信!
スーパーラグビー 2018を全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
★詳しくはこちら

★高校ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ