SUPER GT

だんだんと迫ってきました。
来週末には、岡山国際サーキットでスーパーGTが開幕ですね。
まだ、開幕もしていないのに毎週サーキットに行っています。先々週の岡山、そして先週は富士。スーパーGTの合同テストが二週連続で行われたから。キャラクターの異なる岡山と富士。ご存知ですよね、低速コーナーが多い岡山と中、高速コーナーがあり、ストレートが日本一長い富士。さあ、この二つのサーキットで速さを見せられたのなら、今シーズンの少なくとも序盤は、優位に立てるというものです。

しかしですね、このテストがある面、曲者であるのです。ハイ。

公式な合同テストですから、プレスルームに全車のタイミングが計測されて、誰が速いか一目瞭然。でも、どのマシンがどのようなテストプログラムで周回をしているか、バラストウエイトは、どのくらい積んで走行しているのかは、分かりません。そして、タイヤメーカーが同じでもどのようなタイプのタイヤをフィットしているのかは、これまた分からない。だって、タイヤは、丸くて黒くて、どれがソフトコンパウンドなのか、ミディアム、ハードかは、タイヤメーカーとチームの間で事前に決めたセット番号だけで識別している。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ