田村優

ヒトコム サンウルブズは開幕から5連敗で序盤戦を終えた

スーパーラグビー3年目の挑戦は試練の日々が続いている。3月24日(土)のチーフス(ニュージーランド)戦が終了した時点で5連敗。チーフス戦は61失点という今季のワースト記録の大敗だった。

ジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチ(HC)が兼務し、日本代表との連携を密にしながらの船出は期待感を抱かせるものだった。2月24日(土)の初戦では、オーストラリアの強豪ブランビーズと僅差勝負を繰り広げ、秩父宮ラグビー場に集ったファンを大いに沸かせた。前半8分のWTBホセア・サウマキ、SOロビー・ロビンソンらBK陣も参加してのモールのトライ、28分、サイマキの左コーナーへのトライは勝利の可能性を感じさせた。攻撃面でもHO堀江翔太、NO8ヴィリー・ブリッツらがSH流大のフラットなパスに走り込み、サンウルブズ・スタイルのボールの動かし方を披露できていた。

ホセア・サウマキ

ホセア・サウマキはチーム・オブ・ザ・ウィークに選ばれるなど活躍を見せた

スーパーラグビーの公式サイトで発表されたこの節の「チーム・オブ・ザ・ウィーク」(週間ベスト15)には、サンウルブズから4名が選出されている。FL姫野和樹、ピーター・ラブスガフニ、CTBラファエレ ティモシー、WTBホセア・サウマキである。姫野は16回、ラブスカフニは22回、ラファエレも17回のタックルを決めた。すさまじかったのは、WTBホセア・サウマキの活躍で、BK最高の16キャリー、111mのゲイン、5回のクリーンブレイク、7人のディフェンダーをかわしの2トライという数字をたたき出した。

しかし、この試合で負傷者が多く出たこともあり、その後のサンウルブズは組織だった攻撃が継続できず、守っても連携を欠いてあっさりトライを獲られるシーンが増えた。2戦目のレベルズ(オーストラリア)には、17−37で完敗。南アフリカに渡ってのシャークス戦は、22−50と点差も広がった。明るい兆しが見えたのは、4戦目のライオンズ戦。2年連続準優勝のチームに対し、激しく前に出るディフェンスでミスを誘い、LO姫野和樹のインターセプトからの独走トライなどで、38−40と追い詰めたのだ。だが、その上り調子を維持することはできなかった。負傷や疲れなどで11名のメンバー変更をしたチーフス戦は、スピード、パワー、あらゆる面で後手をふみ、10−61という大敗を喫する。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
スーパーラグビー2018全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★スーパーラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ