今週のプレミアムゴールは、国際親善試合の日本代表対マリ代表、後半アディショナルタイムに決まった、中島翔哉の同点ゴール!

後半15分に投入されてから、最初は良いところナシだった。守備はあっさり置き去りにされ、攻撃は味方とかみ合わずにチャンスを潰し、ボールタッチも自分の思った場所に置けていない。そんなシーンが何度か目についた。まさに散々なパフォーマンス。

でも、そんなの関係ねえ。取りゃあいいんだよ、取りゃあ。

後半アディショナルタイム、三竿健斗のパスを受けた中島は、フリーで前進しようとするが、そこに猛烈な勢いでマリの選手が寄せてきた。すると、中島はインサイドターンで回転しながら、プレスをいなし、さらに第二、第三のプレスに来ようとする相手を、再びインサイドターンで持ち出し、相手3人を一気に置き去りにした。

なんて小気味の良い場面だ。終始デュエルで苦戦していた味方を尻目に、164センチの中島が、得意のドリブルでズバッと抜き去って行く。

キーワードは回転数だった。大柄な選手が多いマリに対し、中島は足のリーチこそ短いが、回転数の高さで勝負している。ボールを止めて捕まったら終わりだが、捕まらないように、回転数を上げてスルスルと抜け出す。

逆にマリの選手のほうが戸惑った。大柄な選手ほど、小さい選手とは「やりづらい」と言うことが多い。回転数の違いで、リズムが合わないのは大きな要因。さらに身体を当てようとショルダーチャージに行くと、それが小さい選手の顔面辺りにヒットしてしまうため、身体をぶつけづらい、という側面もある。足のリーチという弱点さえ、テクニックで克服できれば、小さい選手がデュエルで勝つ可能性は充分にあるのだ。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ