GKの人材不足は20年近くにわたる課題だが、3月23日のオランダ戦、27日のイタリア戦(ともに親善試合)に臨むイングランド代表のメンバーをチェックしてみると、アウトサイドも不安が募る一方だ。

カイル・ウォーカー(マンチェスター・シティ)、ダニー・ローズ、キーラン・トリッピア(ともにトッテナム)、ジョー・ゴメス(リヴァプール)、ライアン・バートランド(サウサンプトン)、アシュリー・ヤング(マンチェスター・ユナイテッド)……。ロシア・ワールドカップ開幕が約3か月後に迫ったいま、計算できる戦力はウォーカーただひとりといって差し支えない。。

ヤングはフィジカルの不安がぬぐえず、トリッピアとゴメスは経験不足だ。バートランドは残留争いに巻き込まれたためか、プレーがすっかり小さくなってしまった。また、期待されていたルーク・ショー(ユナイテッド)はコンディショニングに難があり、最終テストの一環であるはずの2試合でも選外となった。イングランドを率いるガレス・サウスゲイト監督の構想には入っていない、と判断していいだろう。

右アウトサイドはウォーカーに任せられるとしても、左アウトサイドには決定的な人材が見当たらない。本大会までにローズの体調が急速に整えば問題は解消されるが、彼はトッテナムでベン・デイビスの後塵を配している。待遇改善を訴えて首脳陣と対立するなど、プレーそのものに全力を傾けていないこともマイナス材料だ。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ